【英語で】勤労感謝の日は何て言う?11月の祝日は固定日だよ!

英会話・単語

勤労感謝の日

勤労感謝の日は毎年11月23日ですが、令和に年号が代わってからは年内最後の祝日となりました。

1948年に「勤労感謝の日」と制定されましたが、1873年明治時代が始まった年から勤労感謝の日となるまで、11月23日は新嘗祭(にいなめさい)の日として定められていました。

では英語では何と言うのでしょうか?

「勤労感謝の日」は英語で何て言う?

Labour Thanksgiving Day

labour(イギリス英語)・labor(アメリカ英語)」は日本語で「労働・勤労」、「thanksgiving」は「感謝の祈り」という意味です。

thanksgivingはアメリカのThanksgiving Day「感謝祭」から英語訳を用いたと言われています。

アメリカ、カナダにはLabor DayとThanksgiving Day個々に祝日としてあります。

ニュージーランド、オーストラリアにはLabour Dayがあり、オーストラリアは州によって祝日の日が違います。

イギリスにはどちらも祝日としてはありません。

日本でLabour(Labor) Day, Thanksgivingが一つとなり、勤労感謝の日として11月23日が祝日となります。

また祝日の趣旨は以下の通りです。

勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう

Wikipediaより

意味としては働くことを大事にして、皆で作ったものを喜び、感謝しあう日といったところでしょうか。

では、次に英語で「勤労感謝の日」を説明する例文と単語を紹介します。

例文

Labour Thanksgiving Day is a public holiday held on the 23rd of November.
勤労感謝の日は11月23日で祝日となります。

Labour Thanksgiving Day falls on Tuesday this year.
今年の勤労感謝の日は火曜日です。

Labour Thanksgiving Day takes place annually on the 23rd of November.
勤労感謝の日は毎年11月23日です。

Labour Thanksgiving Day was established in 1948.
勤労感謝の日は1948年に制定されました。

The purpose of Labour Thanksgiving Day is to recognise the importance of labour, celebrate harvest and joy of creation, and appreciate each other.
勤労感謝の日の意図は、労働の重要性を理解し、収穫や創造の喜びを祝い、お互いに感謝しあう日です。

※いちごイングリッシュでは主にイギリス英語を主としています。そのため「Labor」アメリカ英語の代わりに「Labour」を使用しています。

単語

Labour Thanksgiving Day 勤労感謝の日

public holiday 祝日(※national holiday, bank holidayも祝日という意味です)

be held on 開催される・ある

fall(s) on~ ~に当たる

take(s) place 起こる

annually 毎年

be established  設立される・制定される

recognise 認識する(アメリカ英語では「recognize」)

importance 重要(性)

celebrate 祝う

harvest 収穫

joy 喜び

creation 創造

appreciate 感謝する

each other お互いに

コメント

タイトルとURLをコピーしました